2016年10月08日

花のあはれ 東方紅楼夢そ28-a

新譜が出ます。

10/9 第12回東方紅楼夢

そ28-aにて頒布するCDの詳細です。

 

「花のあはれ」





image.jpeg
視聴ここで出来ます。

1.花は幻想のままに

2.花のあはれ

3.サヨナラピアノガール


 

頒布価格:300円

 

 

東方久しぶりですね。

告知も久しぶりで、タンブラーがオシャレ過ぎて使いこなせませんでした。

再録ばかりですが、花は幻想のままに。が少数販売だったので初聴きの人ばかりだと思います。よしなに。

posted by テヅカ at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

1BitHeart




この楽曲がテーマ曲として使用されているゲーム、「1bitheart」が
ニコニコ自作ゲームフェス2016にて大賞を受賞しました!ありがとうございました。
http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni059925.html


ゲーム1bitが海外番組で紹介されるにあたり、
Youtubeにも遅いですが公式動画としてアップ予定です。(そのためにもリンレンv4x買いました。笑

たくさん思いのたけを書いた文章があったんですけど恥ずかしがってるうちに消えてしまいました。
しいばやみんくす、楽曲を支えてくれたのいずくんやよいちゃんさん、一緒にやれて本当によかったです。
・のいずくん、Aメロのベースライン神がかってたし他のメロでも色んなフレーズから、ベーシストらしさを感じて、これこれ、これだよって思いました。Aメロは是非ベースを聴いてみてください。
・やよいちゃんさん、一番サビとラスサビでコードがより明るく変更されているのですが、それに合わせて綺麗にリードでアプローチしてくださって、まさにリードというか、こちらもギタリストらしい、ギターが嬉しそうで楽しそうだなと思いました。ベーシストのやよいちゃんさんも神だと思いますけど、ギタリストのやよいちゃんさんも本当に好きです。本当にありがとうございました。あと、別件ですが、本当におめでとうございます。

リンちゃんとゲーム主人公ナナシ君とで、歌詞が違います。
主人公バージョンはもちろんナナシ君に向けて、
リンちゃんバージョンは、このゲームを作った人本人、
またプレイした皆に向けて書きました。
ナナシ、引いては、プレイしたみんなが成長する曲。
僕も、僕一人なら絶対にこんな曲は書かなかった。
僕はこの曲やゲームに関わることによって何か得るものがあったし、
しいばも、みんくすもこのゲームを作っていく過程で成長したんじゃないかなと思います。

楽曲やゲームに関しては多くは書きません、曲に思いっきり詰め込みました。
みなさんの好きな曲になれていたら、とても嬉しいです。

1BitHeart

高層の窓から見えてた街並みには
僕は居ない 誰も僕の事を知らない
それでも世界はまわってるし
イツカはこのまま 色褪せて
消えて無くなっても、
とずっとそう 思っていた


ちいさな心 気付かないふりしてた
人を傷付けたくないのは自分が
傷つきたくないだけ
でもそんな殻にこもってた僕に
君が手を差し出してくれたから


僕は変われたんだ


どんな時も
笑う君の声が聞こえる
失敗しても大丈夫だって
だから僕は恐れないで
未知の場所にも踏み込める だって
触れあうたび 知るたびに 一層
君の好きな世界を僕も好きになれるんだ



絶対忘れないから!
君と僕とみんながいて
知るたびに前より好きになってく



そして僕は僕のことも
少し好きになれた気がしたんだ 」



小さな窓から眺めた
僕はもういない
色褪せても思い出は消えないことに気付けたからね


ここにいて ヨシとしてくれる
みんなにいつも救われて
心から笑えてる僕がいた



人はみんな変われるよ


どんな時でも
まっすぐな目をした君がそばにいてくれた
だから僕は恐れないで
あの日、ここで答えを出せたんだ


選ぶ答え 正しいかなんて、
後になれど全然わかりっこないんだからさ



今も変わろうとしてる
不安な君にも届いて
間違えても皆いてくれるから


夢思い切って描こう
君の好きなように歩いていいんだよ


もう1bitじゃない
そう 皆いてくれるから


思い切り 笑えばいいんだよ


ゲーム主人公であるナナシ君(cv.みんくす)verもあります。

良かったら。是非に。

posted by テヅカ at 03:37| Comment(0) | ボカロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

虹色サイダー歌詞



key:E or C#m

空積まれた あの 雲の味は
きっと 甘くて 切ない
そう サイダーに似ている

「今年の夏 やり残すときっと
来年の夏もやり残す」なんてさ


目を開けた私の前には
陽炎が、去年と変わらない風景が、 あるのに
街ごと一人飲んでた透明なサイダーに透かして
くまなく見渡していても
そんなあいつだけがどこにもいなくて

key:A or F#m

雲より高く昇る泡と浮いた
でももう届かないんだね 君に

key:G or Em

「溶け出した誰かの涙の分だけ
近くなった気がした」 なんてね
わかってるよでも
まだ 君が私を呼んでいる気がして

そして振り向いてしまう瞬間に
不意に、風に吹かれたら
自分の長い髪で何も見えない

見えないんだ
帰りの道に
揺れる陽炎
君の笑顔


あ、アスファルトと雨と
焼けた匂い

受け止めるべきだ
いつか、当たり前になることを。

傘忘れる必要もない
長い髪にしている必要もない

辛いだけなら
こんな髪なんて切ってしまって


ワルツ:G# or Fm


記憶 踊る サイダーの泡と音
辛い時思い出してって
その虹を透かしてみせた 君と目があう

短くなった髪の隙間から
見える 君といた夏が教えてくれたこと
いつか全て終わり過去に変わるとしても
あたし そうずっと

key:A or F#m

鮮やかな凪いだ夏の一景
「通る夕立はすぐ止む」って
笑っていたことさえも忘れてないよ。

二人のくだらない秘密だった
あたしときみだけの虹色サイダー

一人翳してた
これから 笑うから

あなたの様に
この灼熱の季節で

posted by テヅカ at 19:09| Comment(1) | ボカロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする